HOME > ひよし塾ブログ > よもやま話 > 北風と太陽

ひよし塾ブログ

< origami   |  一覧へ戻る  |  スタディサプリ生徒の皆様へ >

北風と太陽

9月以降は過去問のチェックが
入ってきました。
月曜に提出していただいても
金曜までどうしても時間が
かかってしまいます。
 
少しずつ受験生になってきた
6年生ですが
まだまだやり直しの精度が
不十分な生徒がいます。
こちらから声かけは
していきます。
 
でも過去問の直しって
おっくうなんですよね。
 
同じ問題なんて
出てこないじゃないか
 
という生徒の言い分は
よくわかります。
過去には
同じ傾向が出るのだから
次に似た問題が出てきたときに
解けたらいい
など持論を展開する生徒も
いました。
 
そんなときに
 
この問題も解けないのに
新しい問題なんかできる
わけがないという
 
北風を吹かせても
頑なにコートを
脱いでくれません。
 
それよりも
併願先で同じ問題は
出題されるから
やった方がいいよと
太陽のような
暖かさで包んでみてください。
 
それでもブーブー言うときは
もめてください。
そういう時間も必要です。
塾や学校では
それができません。
子どもが親にしか
出来ない甘えです。
 
 
やり直しをしなければならないのを
一番わかっているのは本人です。
ただ、おっくうなんですよね。
質問をするのも時間がない
先生が忙しそうと質問せずに
帰ってくることも多々あると
思います。
 
ただ残された時間はだんだん
少なくなってきます。
当塾ではこちらから声かけを
します。
土曜日の自習時間や授業後に
お時間をいただくことが
多くなりますが
何卒よろしくお願いします。

カテゴリ:

< origami   |  一覧へ戻る  |  スタディサプリ生徒の皆様へ >

同じカテゴリの記事

スタディサプリ生徒の皆様へ

私は実は2015年からスタディサプリの

小学生社会科を担当しております。

北は北海道からお手紙をいただいたり

南は沖縄からビデオメッセージを

いただいたり

東南アジアやヨーロッパ在住の方から

ポジティブなメッセージをいただくと

本当にうれしく思います。

ありがとうございます。

 

横浜の日吉という場所の

小さい個人塾の一講師が

このように日本中,世界中から

メッセージをいただけること

本当に幸せです。

 

黒板を使って教室の中で勉強を

するということ,集団生活を通して

いろいろな学習をすることは大切です。

(そういえば新宿区の小学校では

黒板はもうないですよね。白板ですね。)

各自自治体や

今年からは渋谷区の全公立小学校でも

スタディサプリを導入されているようで

本当にリクルートさんはすごいなと

感嘆します。

 

映像授業の裏では様々な方が

ご活躍されています。

私も一所懸命取り組みますので、

今後ともよろしくお願いいたします。

 

スタディサプリ出演のお話をいただいたのは

同じ職場の先生からでした。

そのころYouTubeで授業配信を

することを検討していたので

興味津々にリクルートさんに行き、

そのままカメラテストへ

 

スタジオで撮影をするということ自体

初めてだったので楽しみながら

取り組むことができました。

 

そのカメラテストを

チェックしていただいたのが

スタディサプリの多くの社会科の
担当されている伊藤賀一先生です。

 

自塾の生徒であれば顔を見て

どう、元気?と声掛けをできるのですが

画面の向こうの皆様とは

双方向性のコミュニケーションを

とることが難しいです。

 

皆さんは今の生活が楽しいですか。

もし何かに打ち込んで

それが楽しい人はそのまま楽しんでください。

 

「これを知る者はこれを好む者に如(し)かず。

これを好む者はこれを楽しむ者に如(し)かず。」

 

ですね。

 

少し難しい文章なので、

もし分かりにくければ

調べてください。

 

もし、楽しくない人がいれば・・・

それはいろいろな要因があると

思います。

 

スタディサプリを

病院のベッドの上で授業を受けている人や

学校に行かずに家で授業を受けている人が

いると思います。

 

スタディサプリに携わって

そのような方々から

その時は非常に役立ったと

いわれること

講師冥利につきます。

 

そのような連絡をくれた最初の生徒は今は

中学校3年生ですね。

新しい環境には馴染めたでしょうか。

毎年目まぐるしく変わる環境の変化は

大きなストレスになりますが

その壁を乗り越えるか迂回するか

それは人それぞれであって

周囲の協力してくれる人たちの

アドバイスとそのときの自分の決断で

行動してほしいと願っています。

正しい正しくないは関係ありません。

「人間万事塞翁が馬」

という言葉が故事成語として残っています。

自分で決断をすることが正しいことだと

思います。

 

このようなことはここで

書くことではないかもしれませんが

個人情報を徹底して持たないという

方針なので連絡をすることができません。

このメッセージが

届いてくれればうれしいですね。

 

これから世の中はどんどん

変わっていきます。

個人的な見解ですが

多様性を受け入れる社会に

成熟していくと思っています。

その時に今まで辛かったことや

苦しんだことが大きな財産になります。

自分と同じ苦しみを感じている後輩に

経験を伝えることで少しかもしれませんが

その後輩の救いになるかもしれません。

この何年間を大きな財産にできるように

これから取り組んでいきましょう。

 

そして何か自分が没頭できるものが

見つかればそれをとことん楽しんで

いただきたいと思います。

 

いつか皆さんとお会いできることを楽しみにしています。

 

そのためにもこの競争社会を

私自身がわたっていかなければなりませんね。

自分では大きな流れに抗っていると

思っていたのですが

気がついたら流れていっています。

流れついたところがどこに

なるのか分かりませんが

必死に抗いながらも流されていくことを

楽しんでみます。

 

皆さんも楽しみましょうね!

当塾の地図・アクセスはこちらメールでのお問い合わせはこちら

このページのトップへ